Webサイトロゴ

slider_pc_01
slider_pc_02
slider_pc_03
slider_pc_04
slider_pc_05
slider_pc_06
slider_sp_01
slider_sp_02
slider_sp_03
slider_sp_04
slider_sp_05
slider_sp_06

お知らせ

小田地区のイベントや
最新情報をお知らせします。

もっと見るボタン

小田を知る

人口約2,000人、森林面積88%。
国有林の小田深山や
清流小田川を始め
豊かな自然を残す田舎町です。

愛媛県内子町小田地区はおよそ、愛媛県の中腹に位置する中山間地域です。谷地形で平地が少なく、森林に囲まれた地域です。標高標高は一番低い寺村や吉野川地区で約100m人が住む地域の最高が上川の久保野地区で620mです[…] 愛媛県内子町小田地区はおよそ、愛媛県の中腹に位置する中山間地域です。谷地形で平地が少なく、森林に囲まれた地域です。標高標高は一番低い寺村や吉[…]
 小田地区は昔から林業、農業が主産業の町です。林業は中世、すなわち、江戸時代に発達し、「木を一本出したら、寝て暮らせた」と逸話が残るくらい、高値で売れていたようです。現在も内子町森林組合小田支所を中心にスギとヒノキな[…]  小田地区は昔から林業、農業が主産業の町です。林業は中世、すなわち、江戸時代に発達し、「木を一本出したら、寝て暮らせた」と逸話が残るくらい、[…]
愛媛県内の人に「小田といえば、何を思い浮かべますか?」と聞くと、「たらいうどん」「スキー場」「小田深山渓谷」と答えるかたが多いのではないでしょうか。たらいうどんは江戸時代から藩主が好きだったという逸話が残るほど名物だっ[…] 愛媛県内の人に「小田といえば、何を思い浮かべますか?」と聞くと、「たらいうどん」「スキー場」「小田深山渓谷」と答えるかたが多いのではないでし[…]
小田に人が住み始めたのは縄文時代という人もいれば、弥生時代という人もいます。中世には平家の5女が逃れてきたという逸話もあるので、1000年前には一定数が暮らしいくつもの集落をなしていたことでしょう。 地名[…] 小田に人が住み始めたのは縄文時代という人もいれば、弥生時代という人もいます。中世には平家の5女が逃れてきたという逸話もあるので、1000年前[…]
もっと見るボタン

アクセス

松山から車で約1時間、
内子の中心地から
車で25分の立地です。
お気軽にお越しください。

車アイコン

お車で
お越しの場合

松山ICから約45分 内子ICから約25分

車アイコン

お車で
お越しの場合

松山ICから約45分 内子ICから約25分

電車アイコン

電車でお越しの場合

JR松山駅→JR内子駅(特急)約25分
→内子町役場小田支所(バス)約37分
(タクシー)約27分

電車アイコン

電車でお越しの場合

JR松山駅→JR内子駅(特急)約25分
→内子町役場小田支所(バス)約37分
時刻表はこちら
(タクシー)約27分

詳しく見るボタン

お問合わせ

小田の町への想い、
記事の感想など、
ざっくばらんにお書きください。

    この内容をホームページに
    公開してもいいですか?

    はいいいえ
    お知らせに
    公開されます。
    メールで
    返答します。

    スクロールボタン